2010年02月21日

<インフル>受診者数、注意報レベルを下回る 全都道府県で(毎日新聞)

 厚生労働省は19日、インフルエンザの定点医療機関(全国約5000カ所)調査で、8〜14日の受診者数が1施設当たり2.81(前週4.26)だったと発表した。3週連続の減少で、注意報レベルとされる「1施設当たり10」を昨夏の流行開始以来初めて全都道府県で下回った。

 患者は、佐賀を除く46都道府県で前週より減少し、保健所管内別でも注意報レベルを超えているのは7カ所だけ。ただし1週間に新たに受診した患者は推計で15万人いることから、厚労省は「流行が終わったわけではない」と話している。大半が新型インフルエンザ患者で、例年この時期に流行している季節性のウイルスはほとんど検出されていない。

【関連ニュース】
インフルエンザ:4カ月ぶり注意報解除 すべての保健所管内で /茨城
新型インフルエンザ:県、2カ月ぶり警報解除 /奈良
インフルエンザ:県が警報を解除−−昨年11月発令 /広島
みにニュース:県がインフルエンザ警報解除 /岡山
インフルエンザ:患者数、再び注意報レベル超す /栃木

石原知事、パンダ復活「繁殖で日本製のパンダを」(産経新聞)
【静かな有事】第3部 逆転の発想(5)共生できるか「外国人労働者」(産経新聞)
あて先ない「紹介状」の提供依頼に注意を―厚労省(医療介護CBニュース)
主演は上野樹里さん=来年のNHK大河ドラマ「江」(時事通信)
<公明>みんなの党に接近 「第三極」づくり模索(毎日新聞)
posted by ナマイ ヒデハル at 18:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。