2010年05月28日

<口蹄疫>種牛2頭発症 残る47頭も殺処分へ(毎日新聞)

 宮崎県の家畜伝染病・口蹄疫(こうていえき)問題で、県が国に殺処分回避を求めていた県家畜改良事業団(高鍋町)の種牛49頭のうち2頭が発症したことが28日、分かった。東国原英夫知事が、口蹄疫対策の補正予算案を協議する県議会全員協議会で明らかにした。残る47頭も感染の疑いが強く、すべて殺処分される。

 知事は協議会の冒頭「2日前から発熱症状を示していた1頭の鼻腔(びくう)内に水疱(すいほう)が破裂した跡とよだれ。もう1頭に発熱。典型的な口蹄疫の症状である」と説明。「近日中に速やかに殺処分する」と述べた。

 同事業団では14日、飼育していた肥育牛から口蹄疫の症状が確認され、伝説の種牛といわれる「安平」や次世代の種牛計49頭も殺処分対象になった。しかし、畜産関係者らの要望を受けて県は殺処分をせずに経過観察とする特例措置を農水省に要請。山田正彦副農相はこれを認めず、知事は28日夜、初めて殺処分を容認する考えを示していた。【石田宗久】

【関連ニュース】
口蹄疫:赤松農相が5月30日に2度目の宮崎入りへ
口蹄疫:特別措置法が成立 国の損失補償、より手厚く
口蹄疫:種牛49頭の殺処分容認 東国原・宮崎県知事
口蹄疫:対策特別措置法案が衆院通過 28日成立へ
口蹄疫:熊本もブランド牛の種牛など移動 分散管理へ

河村市長が橋下知事と連携 名古屋「議会戦争」の混沌(J-CASTニュース)
ちゃんこダイニング若、営業中(Business Media 誠)
容疑者に暴力、たばこ与える…取り調べ違反29件(読売新聞)
鳩山首相「辺野古付近にお願いせざるを得ない」普天間飛行場代替地で(産経新聞)
裁判所コピー50円「高すぎる」…見直し判定(読売新聞)
posted by ナマイ ヒデハル at 21:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月17日

お仙を泣かせてみる? 新一筆啓上賞、今年のテーマは「涙」(産経新聞)

 日本一短い手紙のコンクール「新一筆啓上賞」を主催する福井県坂井市の丸岡町文化振興事業団は13日、今年の募集テーマを「涙」にすると発表した。

 手紙のあて先は自分、第三者のほか、人以外の物や事柄でも可。句読点を含め40字以内。

 一筆啓上賞、新一筆啓上賞と計17回を開催。応募作には喜び、感動、悲しみなどの涙があったとして、今回はメーンテーマとも呼べる「涙」で作品を募る。

 応募は〒910−0298 福井県坂井市丸岡町、新一筆啓上賞「涙」係。締め切りは10月15日(当日消印有効)。問い合わせは同

事業団((電)0776・67・5100)。

犬童一心監督「ソン・ガンホと映画を撮りたい」(2)
<囲碁>羽根、逆転勝ち 本因戦第1局(毎日新聞)
参院選「情勢厳しい」=小沢、亀井両氏が会談(時事通信)
御殿場の女性死体遺棄、2月にDV相談(読売新聞)
山崎さん、16日に一時帰国=10日間滞在、千葉で報告会(時事通信)
posted by ナマイ ヒデハル at 15:48| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。