2010年02月04日

小沢氏進退発言「やっと言った」=自民参院幹事長(時事通信)

 自民党の谷川秀善参院幹事長は2日午後の記者会見で、小沢一郎民主党幹事長が政治資金規正法違反事件で刑事責任を問われた場合の進退に言及したことについて「(元)秘書が捕まった時点で言及する必要がある。やっと言い出したという感じだ。非常に恥ずかしい」と批判した。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件〜4億円「知人から預かった」〜
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
捜査は検察の政権つぶし〜民主・高嶋良充筆頭副幹事長インタビュー〜
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜
難問山積 問われる首相の決断力〜普天間、小沢氏団体問題にどう対応?〜

2次補正、午後に成立=参院委で可決(時事通信)
東海道新幹線の停電、運転再開めどたたず(読売新聞)
「普天間が今のまま…」岡田外相が可能性言及(産経新聞)
自己判断で2割がタミフル服用中止 500人調査結果(産経新聞)
太田氏の擁立撤回検討=参院比例、世代交代を意識−公明(時事通信)
posted by ナマイ ヒデハル at 01:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。