2010年02月22日

岡山県が独自の学力テスト 中1を対象、平成23年度から(産経新聞)

 岡山県教委は18日、平成22年度当初予算案の教育関連事業について発表した。

 退職教員を教員の研修に派遣し指導力向上を図る「教科指導の匠活用事業」に393万円を計上したほか、県内の中学1年全生徒を対象に平成23年から県独自で学力テストを行う「学力・学習状況調査事業」に1298万円、8月開催予定の「全国中学校体育大会」に1980万円を充てた。

 一方、家庭教育支援事業の「子育ち・親育ち応援事業」はこれまでの国庫負担割合が大幅に減額された影響で前年度の1515万2千円(国庫負担分約1400万円)から、今年度は465万円(同約126万円)に大幅減額された。

【関連記事】
全国学力テスト178校抽出、栃木2市が不参加の意向
学力テストで鳥取知事、抽出方式を批判 「確認手段なくなる」
女子中生の3割「運動しない」 子供の運動、二極化 文科省調査
日本の教育を憂う 学力テスト見直しで「競争は必要だ」
北教組家宅捜索 日教組の牙城、突き上げ放題 

インフル定点4.26、2週連続で減少(医療介護CBニュース)
小学館社長かたり女子大生だます=容疑で41歳男逮捕−警視庁(時事通信)
6年前の思い再燃 市民団体、大阪市と交渉 道頓堀で泳ぐぞ〜(産経新聞)
競馬場から確定申告、武幸四郎らPR e−Tax約3割に(産経新聞)
「法律違反なら厳正に対応を」 北教組問題で川端氏(産経新聞)
posted by ナマイ ヒデハル at 11:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。