2010年05月28日

<口蹄疫>種牛2頭発症 残る47頭も殺処分へ(毎日新聞)

 宮崎県の家畜伝染病・口蹄疫(こうていえき)問題で、県が国に殺処分回避を求めていた県家畜改良事業団(高鍋町)の種牛49頭のうち2頭が発症したことが28日、分かった。東国原英夫知事が、口蹄疫対策の補正予算案を協議する県議会全員協議会で明らかにした。残る47頭も感染の疑いが強く、すべて殺処分される。

 知事は協議会の冒頭「2日前から発熱症状を示していた1頭の鼻腔(びくう)内に水疱(すいほう)が破裂した跡とよだれ。もう1頭に発熱。典型的な口蹄疫の症状である」と説明。「近日中に速やかに殺処分する」と述べた。

 同事業団では14日、飼育していた肥育牛から口蹄疫の症状が確認され、伝説の種牛といわれる「安平」や次世代の種牛計49頭も殺処分対象になった。しかし、畜産関係者らの要望を受けて県は殺処分をせずに経過観察とする特例措置を農水省に要請。山田正彦副農相はこれを認めず、知事は28日夜、初めて殺処分を容認する考えを示していた。【石田宗久】

【関連ニュース】
口蹄疫:赤松農相が5月30日に2度目の宮崎入りへ
口蹄疫:特別措置法が成立 国の損失補償、より手厚く
口蹄疫:種牛49頭の殺処分容認 東国原・宮崎県知事
口蹄疫:対策特別措置法案が衆院通過 28日成立へ
口蹄疫:熊本もブランド牛の種牛など移動 分散管理へ

河村市長が橋下知事と連携 名古屋「議会戦争」の混沌(J-CASTニュース)
ちゃんこダイニング若、営業中(Business Media 誠)
容疑者に暴力、たばこ与える…取り調べ違反29件(読売新聞)
鳩山首相「辺野古付近にお願いせざるを得ない」普天間飛行場代替地で(産経新聞)
裁判所コピー50円「高すぎる」…見直し判定(読売新聞)
posted by ナマイ ヒデハル at 21:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。